読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COW GUMMA

COW GUMMA (climb over wall ) 群馬県を中心に活動するロード&ヒルクライムチーム。 赤城・榛名・秋間エリアなど最高の練習環境で激アツ練を展開中。2016年度からは新規でJBCF登録。 。

cowgumma.document@gmail.com

COW群馬 JBCF宮田ヒルクライムE2優勝(星野)&乗鞍試走

JBCF宮田ヒルクライムE2優勝(星野)&乗鞍試走

 星野貴也です。今回①JBCF宮田ヒルクライム②乗鞍ヒルクライムのコース試走として長野方面に遠征してきました。

 

①JBCF宮田ヒルクライム

 宮田ヒルクライムは実業団レースで、E2カテゴリーに私。E3カテゴリーに会田選手と高橋良太選手が出場。

 前回の石川ロードではメカトラにより、入賞圏外となってしまったため、今回は3位以内に入賞し、E1カテゴリーに昇格することを目標としました。

f:id:n101004:20160809214933j:plain

 ただ、先週の鳥海山ヒルクライムでは勝負所に入る前に力つきて脱落してしまい、成績が振るわなかったので、調子を取り戻せてるか心配。

 コースは全長10.7km、平均勾配8.6%となかなかの勾配でごまかしのきかないコース。逆にどこまでできるか試すには良い機会なので、楽しみにしていたレースです☆

~レース前~

f:id:n101004:20160809215416j:plain
 土曜日の正午過ぎスタートのレースのため、当日移動してすぐレースというスケジュール。途中道を間違えたこともあり、会場の到着が予定よりだいぶ遅れる。受付時間にも遅れてしまい、スタッフに注意を受けました(*_*)

f:id:n101004:20160809215250j:plain

【貴重な木陰を共有するE3群馬勢】

 レースの時には○○分から○○分までアップするとかある程度決めて行動するタイプなのですが、今日はこの時点で計画通りには行かなくなってしまったため、空いた時間で出来る限り乗っておきました。アップが不十分で焦るというよりは、なんとか出走できることにホッとしてました。

~レース~
 スタート前の位置取りに出遅れ、最後方付近からスタート。
 まずは先頭集団をとらえなければいけない。近くに竹芝サイクルレーシングの宿谷選手がいて自分と同じくなるべく早く先頭をとらえたいはずなので、一緒にあがっていく。
 スタートからゴールまで終始道幅が狭いが、先頭のペースがそんなに早くなかったこともあり、順調に選手をかわし合流。十分脚を休められるペースでした。一安心。
 40分かからず終わってしまうレースなので、集団で休んだ後は残り時間集中してひたすらペースを刻むだけ。

 後ろを確認するとウォークライドの今井選手(写真を何枚か買譲っていただきました!)、竹芝サイクルレーシングの岩倉選手の3人パックになっていました。
 今井選手はあきらかにきつそう。岩倉選手はまだ余裕があるように見えました。3人パックでほとんどの距離を消化。
 勾配がキツイこともあり、これといった展開はなく、しばらくして今井選手が脱落。岩倉選手とも距離があき、独走して優勝!することができました。

f:id:n101004:20160809215704j:plain

 E3カテゴリーで出走した会田選手16位、高橋良太選手23位で無事完走。各々今持っている力は出し切った結果となりました(^^ゞ

(まず一桁順位に入れるように頑張ります!web)

 

 出力やタイムはそれほどでもありませんが、先週の鳥海山よりは確実に乗れている感覚があり、なにより優勝することができてモチベーションアップ!OKです。

 その後は翌日の乗鞍試走に向け、乗鞍高原の宿に移動し、賞品でもらったワインを嗜みつつ一泊。

②乗鞍ヒルクライム試走

f:id:n101004:20160809215948j:plain

 日曜は今月末に控えているビッグヒルクライムイベント「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」に向けた試走会にお招きいただいたので、参加させていただきました。参加者は乗鞍ヒルクライムを何度も優勝している森本選手をはじめとした強豪ヒルクライマーの方々。

 そのため、試走といっても当然ペースは相当なもので、私は付いていけず早々にドロップ。前回大会は悪天候の影響で三本滝までしか走れておらずフルコース走るのは初めてだったので、
コースを頭に入れることを念頭に登りました。

f:id:n101004:20160809220102j:plain
これ以上ない天候に恵まれ景色が素晴らしい!

 コースも中盤からは急勾配がではじめ、つづら折れもあったりと、とても難易度の高いコース。流石に最大のヒルクライムイベントと呼ばれるだけのコースだと感じました。

f:id:n101004:20160809220154j:plain
 格上のヒルクライマーとの力量差を再確認できたことや、昨年体験できなかった乗鞍の大自然を堪能でき、良い一日になりました。ありがとうございました。

大会まで残り僅かとなりましたが、できる準備は行って望みたいと思います。

今年はフルコース走れますように。

f:id:n101004:20160809220232j:plain