読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COW GUMMA

COW GUMMA (climb over wall ) 群馬県を中心に活動するロード&ヒルクライムチーム。 赤城・榛名・秋間エリアなど最高の練習環境で激アツ練を展開中。2016年度からは新規でJBCF登録。 。

cowgumma.document@gmail.com

COW群馬 秋間梅林周回SG

トレーニング_丘陵地周回

みなさん、初めまして。
チームスポーツキッドの旅人こと長妻(右)です。

(去年の9月のライドは気持ちよかったですね from会田)

f:id:n101004:20160509192151j:plain

 今回COW群馬の練習会へ参加したのを良いことに、「ブログの執筆宜しくお願いします」とイキナリの無茶振り。
 利用できるものは全て利用しようという中々手の込んだチームワークにしてやられました(笑)【色々すみませんでした(あいだ、けいいち)】

 と冗談はこのぐらいにして、先日のJBCF群馬CSCでの大会で、COW群馬のメンバーである会田君から「今度ロードの全日本選手権木祖村に出場するメンバーで合同練習会をするので、是非来てください!」と声をかけて頂いので、「是非とも」と快く引き受けたのですが、参加者の経歴を聞いて唖然。ヒルクライム優勝や入賞の常連もいれば、実業団チームのエースだったり・・・ これは自分では役不足だーということで現在はJプロツアーを走るN君、実業団E1を走るYさん、そして今伸びに伸びまくっているMさんに声を掛け、自分が直ぐに練習会で千切れてもチームの誰かが生き残るだろう!というバックアッププランを用意して群馬に乗り込みましたよ。

f:id:n101004:20160509192616j:plain

 9時に練習開始ということだったのですが、実際に着いたのが8時前でかなり早かったので、早速試走。一周8kmの周回コースは信号が無く、交通量も地元の方が稀に通る程度で凄く自転車で走るには良い環境で驚きました。ポイントとなりそうなのが、二箇所ある登りと一つ目の登りの後に続くテクニカルな下り。実際に走ってみると栃木県の古賀志林道に近い感覚かなぁ。特に登りは意外に斜度があって最初は10%オーバー、2つ目も7%ぐらいはありそう。そして一周の獲得標高が約200mとかなりヒルクライム向け?なコースでした。

f:id:n101004:20160509192706p:plain

試走を終えると続々と色々なチームからメンバーが集結。

東京からは我々を含む

チームスポーツキッド3名

フィッツグルーン日本ロボティクス1名

パラティアムTOKYO1名

長野からはグランペールサイクリング1名

新潟からフィンズ1名、

群馬からナッカラーノ4名、COW GUMMA8名

f:id:n101004:20160509192934j:plain

 と凄い人数に。そして今回の練習は全日本選手権木祖村出場選手を主としたSG練(スーパーガチ練)の他のメンバーでのGA練(激アツ練)の二つの組に分かれてそれぞれが自分にあった練習ができるようになっていて、「工夫されているなぁ」と感心。

 

【①SG組での周回】
 ちなみにSG練はこちらのコースを8周回するとのことで出稽古である以上、こちらに参加せねばと少しレベル的には釣り合いませんが、自分もSG練へ参加することに。いざ練習開始になるとCOW GUMMAのエース☆が試走していないということで、1周目はパレード走行?に。ここで自分が千切れる寿命が無事1周回伸びましたw

 2周目に入ると我がチームのE1エースYさんがジワジワと上げていき、いよいよとペースアップ。

f:id:n101004:20160509193547j:plain

 最初の登りに入っても一定ペースなのですが、自分的には相当踏んでいる状況。周りはまだまだ余裕すら感じさせる雰囲気で息も全然切れていません。10%を超える勾配を高負荷の中何とか耐え凌ぎ、まずは第一段階クリア。その後は古賀志林道を思わせるテクニカルな下り。ここは砂利やら枯れ草やらもあって安全第一でクリア。その後次の登りまで続く長い下り区間では、先頭に出て牽いたりとここまでは順調でした。ローテーションの関係もあり、最後尾で2つ目の登りに入ると相も変わらずの高強度で登っていきます。ここで少し遅れ気味に入った自分には追いつく脚は無かった・・・ 少しの差が徐々に広がり、最終的には数十メートルの差で登りを終えます。その後の下りで追いつこうにも追いつけず、ジワジワと差を広げられて3周回目に突入。

f:id:n101004:20160509194147j:plain

 すでに千切れている自分とその他2名で淡々と走ります。信号が無いので休む場所が無いのも良い練習になりますね。

 

【②GA組での周回】

  二つある登りを終えると、GA練の方々に止められてSGの方が1周回ってくるのを待って、再度一緒にスタートという流れになりました。脚力差を考慮し、SG練の周回タイムを計算して、各自が少し早くスタートしていきます。自分もはGA練参加メンバーの最後の方々と一緒にスタートしますが、下りきった後の登りでGA練メンバーの脚力に唖然。。自分よりも皆脚あるやん」とツッコミを入れたいぐらい速い。。。。この事実を知っていれば最初からGA練に参加したのに。。。と後悔してもしょうがないですね。

f:id:n101004:20160509194643j:plain

  その後はGA練の方々と一緒に周回を重ねます。すると遂にSG練のメンバーで我らがエースN君が激坂地点でラップしていくではありませんか。その後はCOW GUMMAのエース星野さんが続いています。

f:id:n101004:20160509194825j:plain

 その後はテクニカルな下り区間に入ったのですが、ここでアクシデント。チームメイトのYさんが落ち葉にタイヤを滑らせて落車。擦り傷が痛々しかったのですが、機材も体もそれほど深刻なダメージは無かったようで良かったです。下り区間は砂利が浮いているところもあって注意していたのですが、ますます気を引き締める結果となりました。

 その後は再度練習再開で走ります。チームメイトのMさんを含めた計4名で周回を重ねますが、皆さん登りが強い、強い。

f:id:n101004:20160509195044j:plain

 自分的にはこの4名で走っているのが本当に良い強度で一番の練習になりました。何とか食らいつきながら7周回目の激坂区間で渾身のアタックをかまし、一人抜け出しますが結果的には下り区間後にチームメイトのMさんに追いつかれて逃げ切れずに二人でゴール。

 

 他SG練メンバーよりも1周回走っていないので、パラティアム東京のMさんとチームメイトMさんの3人で周回帳尻合わせのラスト1周をのんびり走って練習終了。いやー、速い方々と厳しいコースでとっても充実した良い練習になりましたよ。そしてGA練の皆さんも十分に強いですよ。。。。。本当に。。。

 その後はCOW GUMMAのマネージャーさん?よりオレンジやらバナナ、ティーの差し入れを頂くなど素晴らしいホスピタリティを受けました。(いつも一番体力を使っているのは彼女だと思います・・・)

 

 ちなみにSG練は今度全日本選手権を走る二人での争いに絞られ、N君が最初にゴールしたようです。それにしても自分が全く歯の立たない他メンバーに4分差以上つけるとは恐るべしプロツアー選手。。。そしてそれに食らいつく恐るべき星野さんです。。

f:id:n101004:20160509195331j:plain

 

 今回の出稽古では、普段東京では中々得られない長時間、高強度での走り(ようは信号で止まらない)が出来たので、凄く良い練習になりましたよ。またCOW GUMMAを始めとする皆さんのホスピタリティ、東京へ戻る際にはちゃっかりとうどんを昼食に頂くなど満喫させて頂きました。

 長々と駄文を書いてしまいましたが、今後も是非このような練習会が他チームも含めて開催できると楽しそうですね。

今回色々と皆さんお世話になりました。また宜しくお願いします!