読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COW GUMMA

COW GUMMA (climb over wall ) 群馬県を中心に活動するロード&ヒルクライムチーム。 赤城・榛名・秋間エリアなど最高の練習環境で激アツ練を展開中。2016年度からは新規でJBCF登録。 。

cowgumma.document@gmail.com

COW群馬 JBCF 群馬2Days

JBCF_ロードレース

①JBCF群馬2days1日目_引田10位

初執筆の引田がお送りします!

コースは前回JUNがJCRCのレポートした群馬CSCです。

f:id:n101004:20160425225604j:plain

JBCFは通称実業団レースと、呼ばれています。アマチュアレースシリーズの最高峰になります。COWGUMMA では今年から参戦してるので、全員E3カテゴリから。

 E3はエントリー数が多いため、急きょ2組に分かれて110人ずつの走行、周回数もわずか4周(40分弱)となりました。今回のレースは初息子観戦いつも以上に気合いが入ります!!

f:id:n101004:20160426200121j:plain

 下りはスピードを落とし安全を確保しつつ、登りで挽回するプランで出走!心臓破りの坂もペースを上げ過ぎず、下りで集団に追いついて4周目へ突入。逃げ⇒吸収を繰り返しつつ、心臓破りの坂からペースは自然と上がります。

 ここは踏ん張り所と皆が思う所、をあえて自分のペースで登り、ゴールスプリントに備える為に離されないギリギリのペースで登り、下り区間から先頭集団に追いつきました。最終コーナー抜けてゴールスプリント!もがき通して10位に入れました。

 登りでペースを上げられたり、スプリントの駆け引きを磨かないと上位へ上がれないと痛感。

f:id:n101004:20160425231831j:plain

それでも息子にオヤジの格好良さが伝わればいいなぁ〜と思いました。本人はどう思っているかは知りませんが󾌱

 

②日光白根ヒルクライム1位2位!!

 JBCF2日目と同日開催の日光白根HCにて星野と良太がワンツー決めてきてくれました。

f:id:n101004:20160426001036j:plain

 優勝を重ねている星野もちろんのこと、着実にステップアップしている良太にも期待ですね!!

 

③JBCF群馬2days2日目_会田10位

2日目のレポートはWeb管理人のあいだがお送りします。

f:id:n101004:20160425232513j:plain

 1日目は最終周の心臓破りの登りきりで、よろめいた選手に弾かれて足をついてしまい、20位くらい。今回の目標は1桁順位。

f:id:n101004:20160425233413j:plain

 落車を避けるために、風を受けるのを承知で前線へ(あくまで確率の話ですが)。心臓破りの坂では、集団を絞るためのペースアップに同調します。

 2周目突入。ホームストレートの緩い登りで逃げ発生。・・・んだかんだで勝ちたいのが本心、単独での合流(せめてブリッジ)を試みましたが・・・逃げの巡航が強烈過ぎて、あえなく心臓破り手前で追走中止orz

f:id:n101004:20160425235611j:plain

 心臓破りは思い切って軽いギアに落とすと、まだまだ登れることを確認、無事集団復帰。ホームストレートまで足を休めつつ、番手を下げすぎないように位置取りします。

 

 最後の心臓破りのアプローチは引田さんとは逆、逃げが決まらないのを承知でリフト坂から追走集団先頭へ。いい位置とれました

f:id:n101004:20160426000037j:plain

 ・・・がショボいスプリントではこれが精いっぱい。僕も10位でした。

 

④JBCF群馬2days_最後に

今回のJBCF群馬2daysのエリートクラスは、落車が頻発。救急車が4度も出動する異例の事態となりました。そして我々COW群馬からも負傷者が出てしまいました。

 日々のトレーニング内容やレースに臨む姿勢、そしてサポートの体制を再確認、あるいは見直さなければならない状況です。

 まとまり次第、本ブログにてご報告させていただきます。

f:id:n101004:20160426002238j:plain