読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COW GUMMA

COW GUMMA (climb over wall ) 群馬県を中心に活動するロード&ヒルクライムチーム。 赤城・榛名・秋間エリアなど最高の練習環境で激アツ練を展開中。2016年度からは新規でJBCF登録。 。

cowgumma.document@gmail.com

みゆきマネのオーストラリア滞在記【SKCC Criterium編】

こんにちは。

f:id:n101004:20160310185140j:image

引き続き、COWマネージャーのMiyukiオーストラリアレポートをお伝えします。

f:id:n101004:20160309232559j:plain

 さて、オーストラリアの日常生活が少しわかったところで、やはり、自転車文化に触れなくてはなりませんね!!事前に再度お許しを頂きたいのですが、自転車にはほとんど乗っていない私から見た感想ですので…すみません!

 

 旦那様からも聞いてはいましたが、本当にライダーに優しい国であり、自転車人口も日本とは比べ物にならないほど多かったです。

f:id:n101004:20160309232813j:plain

 国を挙げて自転車専用レーンも整備されているから、ライダーも必然的に多いのかもしれません。殆どの公道にレーンが設けられています。また、幅は道路にもよりますが広いところでは、車道と同じ幅がありました。

f:id:n101004:20160309233423j:plain

 専用レーンがなくとも、車道を普通に走ります。車も自転車を「車」とみなして幅寄せ等は一切しません。本当に優しいですね。

 

 私がオーストラリアに行って2日目の日曜日には旦那様がSKCC(St Kilda Cycling Club)クリテリウムに出る!と張り切っていました
 
 オーストラリアに来てから仲良くなった方もお呼びしたようで、私は日本人とともに安心しながら(笑)レースを観戦することができました。今回のレースは、女性クラス、男性A~Dクラスのカテゴリーに分かれて開催されました。

f:id:n101004:20160309234028j:plain 

f:id:n101004:20160309234147j:plain

 旦那様は初のCクラスでの出場Aクラスと時間差でスタートです。入賞を狙っていた彼は、スタート前から(というか数日前から)「前は牽かない」「誰かが動いたら反応して前にでる」とずっと言い続けていました。

…しかし、あれ??
先頭をひいているではありませんか 。

f:id:n101004:20160309234528j:plain

 一緒に観戦してくれた方と「あれは、ひかされてるんですかね~。それともノリノリになっちゃって我慢できなくなったのかな~。」と話していました。それにしても、オージーは体格がすごい!!日本人とはもちろん違うのですが、足が長くてフレームも大きい!

f:id:n101004:20160309234720j:plain

 時には私の1mくらい前を通過していくため風がくるくる。迫力が違います!こんな観戦はしたことがなかったので、私自身ハラハラドキドキで見ていました。

 

さぁ、試合も終盤に差し掛かると、オージー3人が前に出ました!そこについていけなかった旦那様。そのまま3人が逃げ切り、123フィニッシュ。旦那様は、というとだいたい10位くらいだったでしょうか。

f:id:n101004:20160309234932j:plain

 走り終わると、同じチームの3人にダメ出しをくらっており、
「Michi エアロヘルメットなのに、そんなに髪でてたら意味ないよ~ 」

と言われたそうです(笑)

f:id:n101004:20160309235141j:plain

f:id:n101004:20160309235307j:plain

↑確 か に !↑

 

 結果として本人は納得出来なかったのかもしれませんが、ケガなく落車なく、無事に終わったので私としてはそれでいいのです。

 

日常編2に続く!!